園の紹介 園長あいさつ

 乳児クラスでは担当制を取り入れ、特定の保育士との関係を大切にし一人ひとりに合わせた 関わり、保育を丁寧に行うことで、心地の良い愛着関係を築き情緒の安定を図ります。

 保育士との安定した関係を土台に幼児クラスでは異年齢保育を取り入れ、子ども同士の関わりが深まっていく幼児期を共に過ごします。年上の友だちへ憧れ、年下の友だちへ思いやりの 気持ちを育みながら、集団生活を通して一人ひとりが認め合い、尊重し合える関係作りを大切にします。

 様々な活動を通して自ら発見し考え主体的に遊びを展開し、感じたことを表現し、人や物との関わりの中で、自己肯定感を持って成長してほしいと願っています。

 職員一人ひとりが子どもの思いに寄り添い、共に学び専門性をもって関わっていけるよう努めていきます。

園長 村上 美佐


上へ